【株リッチ・プロジェクト】オープンエデュケーションは稼げる手法なのか

株リッチ・プロジェクト

最終更新日 2021.10.11

今回は「株リッチ・プロジェクト」について取り上げたいと思います。

株式投資で短期間でガンガン利益を上げたい。

そう感じている方には魅力的に感じるかもしれません。

「仕手株」と「信用取引」で攻める手法です。

株リッチ・プロジェクトに興味のある方はご覧ください。

 

結論からです

結論:株リッチ・プロジェクトへの参加は当サイトではおススメできません。

 

それではいってみましょう。

株リッチ・プロジェクトとは

テキスト:合計281ページ

解説動画:合計150分

解説画像:合計92枚 から構成

 

  • 低位株(株価が安い)銘柄に投資
  • 小額から始められる
  • 株価2倍、3倍が期待できる「特殊投機銘柄」リストの提供

「特殊投機銘柄」という言葉を使っていますが、要するに「仕手株」の事だと思います。

仕手株を使って、投機筋が介入してくると同時に仕込み、大きく上がったところで売り抜けようとする。

まさにギャンブルそのものです。

狙いを定めた銘柄の、相場の収斂(しゅうれん)を見極めてエントリーしていきます。

非常に短期間で売り抜ける必要がありますので、信用取引は必須であるといえます。

特定商取引法に基づく表示

販売社名 オープンエデュケーション株式会社
運営統括責任者 紫垣 英昭
所在地 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル
電話番号 06-4256-7152
メールアドレス toushi.ryugi@gmail.com

評判・口コミなど

気になる評判や口コミを調べてみました。

胡散臭い経歴を持つ紫垣英昭さんがまとめた、仕手株を使った低位株投資法マニュアルである。

紫垣さんの経歴については検索をすれば問題点・矛盾点はいくらでも見つかる。株リッチプロジェクトに参加しないほうが無難です。

「仕手株」を「特殊投機銘柄」という表現に言い換えてノウハウを販売している危険な商材だった。ここまで堂々と実績を掲載するのであれば、銘柄くらいは公表すべき。

正直、投機筋や仕手筋などの文言を使う情報商材や投資顧問サイトの99%は偽物だと思った方が良い。

「仕手株」を調べれば分かる通り、一般的に危険と位置づけされている情報なので当然オススメできない。

サポート体制も株初心者向けではない。再現性はかなり低いと思う。

まとめ

今回は株リッチ・プロジェクトについて調べてみました。

仕手株は確かに株価は安いのですが、株価が意図的に操作されていることが多く、短期投機で利益を狙う専門家等が扱う銘柄です。

実際、マニュアル作成者自身が「特殊投機銘柄」を扱う、と販売ページでは述べています。

信用取引をする必要があることも見逃せません。

信用取引自体も、このような特殊な投資手法も、初心者にはおススメできない手法です。

これは「投資」ではなく「投機」です。パソコン張り付きも必要です。

ですので、私なら絶対に参加しません。

 

これからも情報商材、稼げる副業に関することをいろいろと取り上げていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。