日経225先物”資産構築型”トレードシステム「トライデント225」 株式会社ルートウェイについて

トライデント225

最終更新日 2021.08.03

こんにちは、管理人のやっくんです。

今回は、日経225先物”資産構築型”トレードシステム「トライデント225」について取り上げたいと思います。

FXでもない、株式投資でもない、「日経225先物」に目を付けた方、日経225先物の取引をしてみたいと思っている方、「トライデント225」に興味のある方はご覧ください。

 

結論からです

結論:「トライデント225」は当サイトでは推奨しておりません

 

それではいってみましょう。

 

日経225先物”資産構築型”トレードシステム「トライデント225」とは

「日経225先物」の取引において、最適なエントリー、利食い、損切ポイントを自動抽出してくれるシステムです。

<毎朝9時に3ステップ>

  • 前日のデータ(始値、安値、高値、終値)を入力
  • 抽出された通りに発注
  • 決済注文を発注

システムでは2種類のパターン(買いから入るパターンと売りから入るパターン)のシナリオが抽出されます。市場開始前にこの2種類の注文を発注し、寄付き後に決済注文を出す。これだけのようです。

特定商取引法に基づく表示

販売業者 株式会社ルートウェイ
運営責任者 伊藤 義真
所在地 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 MIO新都心5階
販売ページ http://ruteway.com/tri_top/
電話番号 048-851-0850

株式会社ルートウェイについて

上記所在地を確認してみたところ、こちらはレンタルオフィスのようです。

Mioオフィス

同社の商材「グローバルスマホFX」については、以下のような返金請求相談もあるようですので注意が必要です。

【弁護士への返金相談】伊藤義真(株式会社ルートウェイ )氏の「グローバルスマホFX」

出典: koyashiki-lawoffice-henkin.com

ネタバレ・評判・口コミなど


■先物をトレードしているとはとても思えない

検証結果のラージの項目をご覧ください。

ラージの損益が5円刻み

驚きました。あり得ません。
よく見ると(よく見なくても気づきますが)、
ミニの損益を単純に10倍にしただけです。

ご存知のように、ラージとミニは別物です。
バックテストをするなら、それぞれ行う必要があります。

出典: 1million-st2.seesaa.net

 

まとめ

今回は「トライデント225」について調べてみました。

FXより税制面で有利、個別株のように銘柄選択で悩む必要がない、等のセールスレターに心が揺れるかもしれません。

しかしその前に、日経225先物は証拠金取引であることを忘れてはいけません。証拠金を差し入れ、その何倍ものレバレッジをかけて取引を行うものです。損失拡大局面では追証発生リスクがありますし、たとえデイトレードであったとしても損切りの局面が続く可能性もあり、そのたびに投資元本はどんどん減っていくのです。

そもそも、初心者にデイトレードは不向きであるというのが個人的意見です。

 

これからも「投資」「ビジネス」など、お金に関することを取り上げていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。